カードローン利率の基礎

カードローンを利用するとドンドン利子が膨らんでくるというイメージを持たれている方も少なくないことでしょう。実際のところどうなのでしょうか?みなさんが想像しているほど金利は高く設定されていません。一見高そうに見えるカードローンの金利ですが、今では消費者金融も利息制限法に沿った金利が法律で義務づけられていますので、カードローンの金利はだいたい10%前後から18%前後となっており、貸金業者の間でもそれほどの差はありません。しかし、、住宅ローン金利に比べると10倍以上の金利になるのでカードローンの金利は高い!と思われる方もいることでしょう。この金利は、カードローンの特性によって設定されています。カードローンは、設定金額の範囲内で繰り返し利用することが出来るという特徴があります。たとえば、50万円の限度額枠内で、10万円借り、翌日追加で10万円借り、5万円返済後に35万円の借入をする、など自由に何度でも限度額内の金額を利用することができます。特に利用状況に問題がなければ自動更新になっているので、各社が定める利用最終年齢まで繰り返し使うことができるとても便利なサービスです。また、カードローンは基本的に短期資金に対する小口融資となっています。このようにカードローンはその便利さと短期融資という特性から、高金利に設定されているのです。もしこの高金利を支払うことに抵抗があるなら、別の方法で融資を受けることを考えることができるでしょう。
今すぐにカードローン審査ガイド|今日中にお金が必要なあなた!はこちら