返済方式の違いを知っておこう

カードローンやキャッシングなどで採用されている多くの方法は、元利定額返済方式となっています。この方法は、クレジットカードなどのリボルビング方式とほぼ同じと思ってよく、借入残高に応じた決まった額を毎月返済していく方法です。出費のバランスを取りやすく、お金の計画を立てやすいのが大きなメリットです。しかし、定額の中に元金と利息が含まれており、返済当初は利息の割合が大きくなかなか借入残高が減っていかないと感じるものです。

借入残高が減らないと、「また借りても一緒だろう。」と追加借り入れをしてしまったり、完済が見えないのできっちり返済する意欲が減ってしまったりといったことが、返済期間が長くなるほど起こりやすくなってしまいます。

一方のおまとめローンでは、元利定額返済方式のものもありますが、元金定額返済方式もあります。元金定額返済方式は、元金を均等に割り、それに利息を加えた額を毎月返済していきます。特に返済当初に返済額が大きくなる傾向が大きいのですが、段階的に借入残高が減っていくので、完済までの道筋が見えやすいのです。

どちらの方式が自分に最適なのかは、現在の借入残高や返済に回せる金額、収入とのバランスやいつまでに完済したいのかといった点を、トータルで判断する必要があるでしょう。おまとめローンでは金利に注目が集まりますし、実際に金利は大変重要な点ではあります。しかし、返済の負担を軽くすると一口に行っても、毎月の返済額が大き過ぎて大変だから減らしたいという場合と、毎月の返済額は多少増えても返済期間を短くしたいという場合では、選ぶおまとめローンは違ってくるものです。

おまとめローン以外のローンでまとめる方法もありますが、返済方式に関しては気を付けておいたほうがよいでしょう。まとめさえすれば返済が楽になると考えてしまいやすいのですが、どんな点をもって返済が楽になるのかは、利用する方によって大きく違いがあるものです。おまとめローンなら簡単に返済できるとは思いこまないほうがよいでしょう。
おまとめローン審査のおすすめポイント|銀行ローンの選び方はこちら